hicoly’s note 〜output note〜元浪費家の家計管理とシンプル暮らし

浪費家だった私が独学で家計管理やお金の勉強をして身につけた知識をお伝えします

スマートウォッチを導入しました。mi band5とWATCH FITの比較と買い替え

お題「#この1年の変化

お題「これ買いました」

f:id:hiconail:20210209152735p:plain

こんにちは。

40代で体の不調を感じ始めて、最近健康のためにウォーキングを始めました。

足腰を鍛えるためです!

肩甲骨を柔らかくするために始めたダンスをやっていたら、足を痛めてしまい返って体調不良になってしまったため、ウォーキングに変更です泣

 

今日ウオーキングしてたら、おじさんに声かけられて陸橋から見える富士山を教えてくれました!

すっごく綺麗!

夕陽の時間はもっと綺麗だよと教えてくれました。

なんだか嬉しい気分になりました。

 

 

さて、運動するにも自分の意思だけじゃ、なかなか続きません。

周りから環境を整える。

去年からスマートウォッチを導入しました。

 

 

去年から導入したスマートウォッチ

f:id:hiconail:20210209153220j:plain

左 ファーウェイ WATCH FIT

右 シャオミ mi band5

 

スマートウォッチの良さは数値を可視化できることで健康意識が芽生えることです。

・何歩歩いたか?

・時間はどのくらい運動に費やせたか?

・睡眠の質はどうなのか?

など、健康を意識しようと動いても自分の意思だけでは続きません。

なので可視化して記録することが大事になってきます。

 

 

最初に購入したのはmiband5なのですが、始めてのスマートバンドとしては

機能は十分ではあったのですが、数値がもっと具体的なものがいいなと思い、

WATCH FITに最近変えました。

 

乗り換えた理由やそれぞれの比較をお伝えしていきます。

 

シャオミ mi band5

f:id:hiconail:20210209153037j:plain

ブレスタイプのスマートウォッチ。

パチっとはめるタイプなので紐が邪魔になりません。

 

機能としては、

歩数計

・ワークアウト

ストレスチェック

・心拍測定

・月経周期

・立ちっぱなし防止アラーム

など私は使っていました。

 

f:id:hiconail:20210209153124j:plain

 

ワークアウトの種類も豊富です。

ただ、ダンスやストレッチなどはフリースタイルという一括りになってしまうのが残念。

 

f:id:hiconail:20210209153102j:plain

 

 

時間や歩数が可視化できるのはモチベーションアップに繋がります。

 

 

 

f:id:hiconail:20210209153142j:plain

 

ストレスチェックは1日を通して計測はしてくれず、自分で設定します。

チェックした時のストレスしか測れないので、いつ自分がストレスを抱えていたのかはわかりません。

 

f:id:hiconail:20210209153203j:plain

心拍測定も24時間測定してくれていますが、表にされてはいません。

最低心拍、最高心拍を表してる感じです。

 

睡眠測定

何より一番使っていたのは、睡眠測定。

 

f:id:hiconail:20210209155854j:plain

 

これはmi band5の測定記録ですが、平均は90点台。

この日は97点!最高記録です汗

え!?そんなに睡眠の質がよかったの!?とびっくりしたのですが、

深い眠りは平均1時間半くらいなので、睡眠の質はよくないはず。。。

とちょっと疑問に思っていたのです。

 

お値段的に参考程度になるくらいなのかもしれませんが、

結構面白いので、きちんとつけてみたいなと思いました。

 

ちなみに、80点台未満だと寝起きがだるいですね。

点数が低いとだるさや体の調子の悪さを感じられるので睡眠って本当に大事です。

 

f:id:hiconail:20210209155839j:plain

続いて同じ日のWATCH FITでの睡眠記録です。

点数86点。

これが妥当な気がします。

80点以上だと合格かな?

70点くらいだと体がだるいです。

 

コメントもいろんなバージョンがあるので勉強になります。

 

f:id:hiconail:20210209155826j:plain

深い睡眠

レム睡眠

浅い睡眠

目が覚めた回数 はmi bandと同じなのですが、

新たに加わったのが

呼吸の質

深い睡眠の連続性 です。

 

深い眠りも少ない上に連続性が短い。これが疲れや眠気の原因になっているんですね。

 

最近腰の調子が悪くて眠りが浅いようです。。。昼寝ばれちゃいますね。

 

以前に比べて、詳しく計測可能になったのが嬉しいです。

 

 

 

ファーウェイ WATCH FIT

 

私が重要視している睡眠計測はやはりmi band5では物足りないところ。

他のスマートバンドはどんな感じなんだろう?と検索したところ、お手軽で面白い機能を持ったファーウェイのWATCH FITに買い換えました。

 

ディスプレイ

f:id:hiconail:20210209152754j:plain

 

まず、外見がおしゃれ。

ウォッチフェイスも数種類ダウンロード可能です。

 

f:id:hiconail:20210209152958j:plain

 

ミントグリーンを選びましたが、大正解!

1.64インチの大きめの画面も見やすいです。

Amoled HDディスプレイで太陽光でもきちんと見えます。(mi bandは見えづらい)

 

バンドは柔らかく腕にフィットしてくれるのでつけ心地がよかったです。

広めのバンドでフェイスも薄めだからか、PC作業していても干渉せず、ずっと付けていられます。

 

ワークアウト

f:id:hiconail:20210209152815j:plain

ワークアウトは細かく記録できます。

 

f:id:hiconail:20210209152902j:plain

歩数計は自己目標歩数を設定できて、円グラフを完成させてモチベーションをあげることができます。

GPS が付いているのでウォーキングした道をデータ化してくれます。

 

f:id:hiconail:20210209152836j:plain

面白いなーと思ったことが、こちらのフィットネスアニメーション。

デモを見ながらどこでもストレッチやエクササイズが行えちゃいます。

プライベートトレーナーみたいですよね。

 

もちろん長時間座っているとお知らせしてくれるアラームもあるので、PCで疲れた時にこちらの動画を見ながらストレッチしたりしています。

 

ストレスチェック

f:id:hiconail:20210209152937j:plain

WATCH  FIT のストレスチェックは24時間計測してグラフに表してくれます。

どの時間にストレスがかかっているのか?をチェックできます。

 

心拍数

f:id:hiconail:20210209152914j:plain

心拍も24時間計測可能でグラフ化してくれます。

 

血中酸素

あとは2021年1月のアップデートから血中酸素を計測してくれます。

私のスマホではグラフ化はしてくれないようですが、ファーウェイの端末ならできるのかな?

医療用ではないので、あくまで目安にはなりますが、気になった時に測っています。

 

その他

他にLINEでの通知や音楽再生やアラームなど色々使えます。

 

充電時間

mi bandは2週間。

WATCH FITは1週間 くらいでした。

ただどちらもお風呂の際に外して充電すると100%になっているくらい早いので、

続けやすいと思います。

 

アップルウォッチの最大の難点は充電が2日に1回必要なこと。

 

ワークアウトや睡眠計測を行うとどうしても付けっぱなしになります。

充電が持つのが健康管理する上で大事なスマートウォッチでしょう。

 

まとめ

f:id:hiconail:20210209153220j:plain

 

私はアンドロイドスマホなこともあり、アップルウォッチは除外ではあるのですが、

色々調べていると本気で健康管理したい人のスマートウォッチとして選んでいるのは

fitbitやシャオミやファーウェイの時計だったりします。

 

勝間和代さんや中田敦彦さんもファーウェイのスマートウォッチ紹介されていましたよね。

WATCH FITはお手軽価格なのに高品質で気に入りました。

 

実際付けてみて飽きるかな?と思ったのですが、40代になると体のこと

もっと労ってあげなければいけないなと思い始めるんです。

今まで健康や運動を意識してこなかったので、今になって気づけたことは良かったと

思っています!

 

f:id:hiconail:20210214170403p:plain